SSA工業株式会社

インタビュー

Interview

スタッフインタビュー

会社経営も安定しているSSA工業。
現代社会の必需品を製造し、手堅い仕事だと思った。

前職は金属切断作業をやっていました。
求職活動中にSSA工業の求人募集を見つけ手堅い企業だなぁ、と思い入社を決意しました。
今は真鍮や銅を材料にした鍛造や製品加工を担当しています。「ものづくり」をしていると感じる時は、鍛造したばかりの製品が冷却テーブルの上を流れてきた時と、一つひとつ自分で打つ手打ち鍛造をしている時。「今、とても仕事している!ものづくりをやっているぞ!」という気分になります。が、その一方で仕事の効率も考えています。
スピードも大事ですが確実性を優先しています。そして、これは先輩から教わったことですが、最小限の人手で回せるよう、ちょっとした隙間時間をうまく利用して細かい作業を先に進めておくなど常に効率を考えています。ここにいる仲間は知識と技術を兼ね備えた職人といった感じで、困った時も最良の答えがすぐ返ってき、日々頼もしいと感じています。
どんな仕事にも躊躇なく取り組んで早い。仕事での私の夢は、今は無理でも機会があれば刃物なども挑戦してみたいなぁ、と考えています。刃物も鍛造から造るものだし、日本の刃物は世界でも品質の評価が高いので面白そうだなぁと思っています。他の営業所に見学にも行ってみたいですね。
これから弊社へ入社する方には、みなさんが1日でも早く心に余裕を持って仕事に取り組めるよう分からないことは理解できるまで私が教えます。高い能力や知識がなくても、やる気があればやっていける仕事です。そして、頑張った分昇給や賞与で評価していただいていると思っています。
恐れず弊社の門をたたいて欲しいです。

[青垣工場]
Y・Mさん/入社2018年10月2日

先輩が私に指導してくださったように、
後輩には私が教えていけたら、と思っています。

前職の経験を活かしたかったので、金属加工の仕事を探していました。
SSA工業は非鉄金属専門ですが、鍛造は一つひとつの手順が多くて入社して一年でやっと慣れてきたという感じでした。プレス機の作業では、機械1台ごとに1対1で先輩が金型の交換方法や鍛造の仕方などを研修してくれました。
今は仕事の幅をもっと広げるために色んな作業を覚えていき、資格も取りたいと考えています。
そうすれば仕事を大きなくくりで理解でき、他の作業ももっとスムーズになると思っているからです。資格のための練習や講習は会社からのバックアップがあり、試験費用も負担して頂けます。鍛造をやっている時はもっとも「ものづくりをしている!」と感じる時ですが、夏は暑くてしんどい時もあります(笑)。水分補給には気をつかっていますが、冬はちょうどいいです(笑)。
でも、この仕事は未経験でも覚えることができる仕事だし、後輩が増えて欲しいですね。先輩やメンバーがとにかく頼れますよ。後輩が入ってきたら、私が先輩に教えてもらったように教えていきたいと思っています。プレスに関しては任せてください。

[青垣工場]
S・Mさん/入社2018年10月12日

問題が起こってからでは遅い、普段の心掛けの大切さ。
それと同時に「ものづくり」の奥深さも実感します。

接客業からの転職で工場で働いたことが無く、仕事に関してはもちろん、機械や工具に対する知識は全くありませんでした。それを先輩が丁寧に教えてくださいました。入社して3ケ月は本当に実のある研修期間でした。
ここで製造する鍛造は意外と身近なものや、思わぬところで使われていたりして、具体的な用途を知った時にモチベーションが上がったりします。
今の目標としては、より正確に品質の良い製品を効率よく作ること。そして、次の目標は機械の修繕について知識を深めていきたいです。そうすれば機械が故障した際も迅速に対応でき、又未然に防ぐことができると思ったからです。多少の事はできるんですが、もっと専門的な知識が必要だと感じております。結果的に生産性の向上につながることは何でもチャレンジしていきたいと思っています。「ものづくりの仕事をしているな」と感じる時は、これは良くないことですが不良品を出してしまった時です。今まで問題なくできていたことが、ちょっとした確認ミスや気のゆるみが不良品につながったのかな、と感じることがあります。問題が起こってからでは遅い、普段の心掛けの大切さ。
「ものづくりの奥深さ」を感じますね。
SSA工業は先輩・メンバー共にチームワークもバッチリだし、仕事はとてもやりがいがあると感じています。これから入社する方には「仕事が楽しい!」と思ってもらえる様な、そんなサポートを私がしていきたいと思っています。一緒にがんばりましょう!

[青垣工場]
T・Nさん/入社2014年4月1日

PCで3Dデータを製作しています。
自分の考えが形になった時が一番楽しい!

理系専攻の大学を卒業し、こちらへ入社してからは一通り各部署に入って作業を体験することから始まりました。一般社会常識から、設計におけるソフトの使い方、コミュニケーションの重要性などを各部署を回って経験することができました。
今はクライアント様の図面を鍛造図に起こして、PCで3D形状にし、金型に製形する作業をしています。自分の考えた通り、形になって出来上がった時は本当に楽しいです。これからの夢は精度をもっと上げて他社にもアピールできるような製品造りをし、自社ブランドを持ちたい。
私の上司は仕事で相談するといつも親身に聞いてくれて、「お前がやりたいならやってみろ」と背中を押してくれる人です。私も、これから入社してこられる方にも、気軽に相談してもらえるような雰囲気づくりをしたいと思っています。
どんな小さなことでも困りごとがあれば何でも相談してください。周りには今まで同じ様なことでつまずき、乗り越えてきた先輩たちが居て、常にアドバイスを頂ける環境です。本当に心強いです。「報告・連絡・相談」。これさえ守れば、誰かが助けてくれます。
楽しい時もつらい時も、一緒に乗り越えていきましょう。

[本社工場]
Y・Nさん/入社2014年7月

出荷業務を担当しています。
この仕事の中で、情報の共有化の大切さを学びました。

こちらで働き始めたきっかけは派遣でしたが、改めて「正社員で働きませんか?」とお声をかけて頂いた時はすごく嬉しかったです。最初は「鍛造って何?」というレベルでしたが、社内で営業さんや現場の方と接する様になって少しずつ分かるようになってきました。
私の仕事は出荷業務や来客対応で、直接「ものづくり」に携わっているわけではありませんが、当社の製品を限られた時間内に確実に送り出す作業にはやりがいがあります。時間通りこなせた時には達成感もあります。スキルアップには段階があると思いますが、これからは鍛造の知識をもう少し身につけたり、製造など他部署の事も経験して、色んな知識も身に着けてみたいと思っています。SSA工業に入社してから身を持って学んだことは情報共有の重要性です。
受注から出荷までの何工程もの中には沢山の人の手が関わってくるので、どこかで情報共有ができていないと納期に支障が出てしまいますからね。
そして、仕事は楽しく取り組むこと!1日の大半を過ごす場所ですので明るく楽しく過ごしたい。
困った時に声をかけやすい環境、そして理解しあっている大切なメンバー。
こんな働きやすい環境をずっと守り続けていきたいですね。

[本社業務部]
A・Hさん/入社2016年4月18日

未経験からのチャレンジで営業職に!
周りのフォローでここまで成長できました。

営業や業界の知識が無くて、異業種からのチャレンジで入社しました。
私の場合は、社外研修で営業力アップやコミュニケーション能力を磨きながら、実践で仕事のノウハウを身につけていったという感じです。その間、やはり助けて頂いたのは先輩や上司。
部署間の垣根を越えて、お客様の要望にも親身に相談にのって頂きました。そんなことの積み重ねで自分の経験値も上がってゆき、自然に自信もついてきたんだと思います。
仕事の中で最も楽しいと思えることはお客様との普段の日常会話からも得られることですが、表敬訪問時のお客様とのやり取りですね。営業ですが、打合せでは私も「ものづくり」をしていると感じることが出来ますし、新規案件の立ち上げの際は「自分の努力が実を結んだ!」と実感が得られます。毎日、勤務中は忙しくしていますが、オンオフがちゃんと切り替えられるのも弊社のいいところだと思います。休日の私は、家族との時間を大切にしています。
これから入社される方の中にも、私の様に異業種から再チャレンジされる方がいらっしゃると思います。その方が、踏み出すその1歩で確実に前進できる様に、私も手を貸してあげたいと思っています。一緒に頑張っていきましょう!

[本社営業課]
J・Kさん/入社2017年4月

入社してから製造の全工程を経験させてもらえた。
その結果、営業課長にたどり着いたのは正直意外でした(笑)!

理系の大学を卒業して2社目の転職でSSA工業に入社しました。
もともと黙々と「ものづくり」をするのが好きで、3D CAD図面を描いたり、金型設計などが仕事の始まりでしたが、生産工程を把握するために全ての作業を経験させてもらいました。材料の切断なども経験しましたし、ものすごく仕事が楽しかったです。その中から、一番適正だと判断されてか入社5年で営業係長に。正直、自分でも「え?何で?!」と思いましたが(笑)、一巡して全業務を体験理解できたのが良かったですね。
最初から役割を決めてしまうより、色々体験させてもらえ、1人ひとりの可能性を見てくれる会社なんですね。現在、私は営業課長に就任して、会社のマネジメントや人事に参加し、自社サイトづくりなども担当したりしています。まだ、私だけの考えですが、工業品の大型展示会に出展してみたり、人材採用フェアなどのイベントにも参加したり「SSA工業」をそろそろ外に持ち出しす機会を増やしていってもいいんじゃないか、って思っているんです。
そして、20代の若い世代とは価値観が違うとは思いますが、それに興味を持って共感して、新しい発想で会社づくりに活かすことができたら!と考えています。
やらされた感で成長を目指すより、好きだから工夫し上達できる=成長できる。その方が実りが大きい。そんな働く環境を目指しています。これから弊社に入社される皆さんには、不安がらず、構えず、気楽に頑張っていただきたいですね。弊社は精一杯応援したいと思っております。

[本社技術営業課]
M・M課長/入社2012年5月1日

実習生インタビューを見る