SSA工業株式会社

技術紹介

多彩な生産体制を実現する
SSA工業の技術

「ものづくり」において、品質や生産効率は終わりのないテーマです。
その中でも、なくてはならないものが当社の独自性を支えている技術。
創業以来、半世紀以上の歴史で培った技術は非鉄金属の難易度の高い部品に付加価値を創出し、
さらに、多様な生産形態に対応できるフレキシブルさを兼ね備えた生産体制を実現しています。

鍛造

当社の鍛造する非鉄金属組織にも
当社の技術が活かされています。

SSA工業が鍛造する非鉄金属は、主に銅・黄銅(真鍮)・アルミニウムなどがあります。銅製品は電気部品、いわゆる端子類や架線金物等に、黄銅(真鍮)はバルブや各種継手、水道やガス・電気機器部品などに、アルミニウムは自動車部品をはじめあらゆる分野の製品部品として利用されています。弊社独自の鍛造技術で製造される型打鍛造品は、鋳物やダイキャストとは異なり金属組織に「巣」のない緻密な構造となるため、非常に強度の高い、かつ気密性や耐圧性に優れた特長があります。また「巣ができない」というこれらの特長は、工程内での加工ロスの削減にも繋がる、極めてエコロジカルな製造過程をも実現しています。

鍛造
鍛造を詳しく見る

精密機械加工

小ロット・難削材加工に特化した
切削加工技術。

親会社である東洋精機㈱の高圧バルブ部品の機械加工外注としてスタートした機械加工部門ですが、小ロット・多品種に加え難削材(チタン・モネル・高力黄銅・SUS等)に特化した技術が、一般企業様よりも評価されつつあります。
今まで培ってきた技術を基に、貪欲に新しい技術の追求を進めます。

精密機械加工

設計

金型設計の統一化で
品質と生産効率の向上を実現。

CAD/CAMシステムを早期から導入した弊社。
お客さまから支給される3DCADデータを忠実に製品へ反映させることはもちろんの事、製品仕様をその目的に応じてより良くカスタマイズ提案できる点も、お客さまにとって非常に大きなメリットであるといえます。設計効率、生産効率、生産品質の向上が実現可能です。

設計